ブラックリストは金融事故履歴

ブラックリストに登録されると5年以上は借金できない

ブラックリストという言葉を聞いたことがあると思いますが、このブラックリストというものは本当に存在するものなのでしょうか?
このブラックリストというもの、実は存在しないのです。
では、何でブラックリストという言葉をよく聞くのでしょうか。

 

ブラックリストという言葉は実は俗称で、キャッシングを利用して返済が遅れてしまったり、返済が出来ずに債務整理をした場合などに、そのことが信用情報センターに「金融事故」として登録されてしまいます。
この「金融事故」の情報を信用情報センターに登録されてしまう事をブラックリストと呼んでいます。
簡単にいってしまえば、ブラックリストというリストが存在している訳ではないのです。

 

信用情報センターに金融事故の情報が登録されてしまうと、登録されてからの行って期間の間、ローンを利用することが出来なくなります。
ブラックリストに載ってしまうと、もう一生ローンの利用が出来なくなるのではと思っている人もいると思いますが、それはありません。
登録された情報が削除されるまでの期間は信用情報センターによって異なってきますが、情報が削除されてしまえば、ブラックリストではなくなるので再度、融資を受けることができます。

 

では、自分がブラックリストなのか、ブラックリストではないのかなどはどのように調べればいいのでしょうか。
信用情報センターに登録されている情報というのは、金融機関が審査をする際に利用するものです。ですが、自分自身で自分の情報を確認することも可能です。
過去に、支払が遅れてしまったり、債務整理の経験があり、ブラックリストになってしまっているのかを知りたい場合には自分で信用情報センターに情報の開示を請求することができます。
もし、ブラックリストに登録されていた場合、新たに金融機関から融資を受けることは出来なくなります。その為、違う方法でお金を工面しなければならなくなります。
逆に、ブラックリストに登録されていないのであれば、融資を受けられる可能性があるということなので、融資をしてくれそうな金融機関を探しましょう。

借入れ先に迷った時はこのサイト

「くらべる君」というウェブサイトは正規の金融業者だけと提携している一括匿名審査のサイトです。

あなたの希望に合わせた金融業者を簡単な質問に答えるだけで、紹介してくれるのでとても簡単。

匿名で審査できるのであなたの名前が業者に知られることもありません。

安心して試してみて下さい!

 

>>リスクゼロ 借り入れできるところを一発で探すには?